2014年03月31日

五峰荘の温泉卵 〜福島県新甲子(しんかし)温泉〜

那須から福島県西白河郡西郷村へ国道289号線をゆく
そして西郷村から南会津郡下郷町を結ぶ甲子道路を通り会津へ
この道をよく使うのだが

春の訪れが待ち遠しい3月半ば
いつもは通り過ぎてしまう新甲子温泉に立ち寄った
玄関は2月末に降った大雪の名残が
写真 (1) 五峰荘玄関.JPG

源泉かけ流しの宿五峰荘
ここで求めた温泉卵が旨い
写真 2 (1) 五峰荘卵パック.JPG

この温泉卵 
オランダ原産の野性的な鶏 黒鶏の卵を使い
源泉につけて出来上がる
写真 3 (2) 五峰荘温泉卵丸.JPG

割ってみると
この黄身
写真 4 (1) 五峰荘温泉卵半分.JPG

こくと甘みを感じるぷるんとした卵だ
実はこれ
五峰荘若女将の実家の自慢の卵らしい

家庭的な雰囲気の宿に
人懐っこい若女将
源泉かけ流しの宿に
もっちり温泉卵
今日もまたいい出会いがあった
posted by kiririnko at 19:40| Comment(0) | 地方の旨いもの  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茂林寺 〜群馬県館林市〜

群馬県館林市の茂林寺(もりんじ)
ぶんぶく茶釜の昔話ゆかりのお寺だと聞いた
夕方になったが訪ねてみた

ほわっと気温の上がったこの日
お寺の入り口の桜
すっかり咲いているのに驚いてしまった
写真 1 (1) 茂林寺入り口.JPG

さくら咲く参道に21体ものたぬきの像が並ぶ
そして山門をくぐる
写真 2 (1) 茂林寺山門.JPG

みごとに咲く枝垂桜の向こうには
茅葺屋根の本堂が静かに建つ
写真 3 (2) 茂林寺本堂.JPG

応仁2年(1468年)建立の古いお寺だ
思いがけずであった
満開のさくらと分福茶釜ゆかりの寺

写真 4 (1) 茂林寺分福茶釜.JPG

温い春の夕暮れ
茶釜に化けた狸が笑っていた
posted by kiririnko at 17:08| Comment(0) | 心に残る景色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

三四郎 〜福島県猪苗代町〜

猪苗代町 今年の冬はやはり少ない積雪
訪れたのは弥生三日雛祭りの昼

写真 1 (1) 三四郎店の前景色.JPG
会津へ向かう国道49号線左手に猪苗代湖が見えてくる
この向かい側にある店
暖簾が風に揺れる

写真 2 (1) 三四郎.JPG
お昼時を逃すと準備中の札が掛けられる
手打ち蕎麦の店 三四郎だ

天ざるを注文した
まず運ばれてきた天ぷら

写真 4 (1) 三四郎天ぷら.JPG
どーんと有頭海老 春菊 えのきだけ さつま芋がカラッと
そしてこちら

写真 5 三四郎蕎麦.JPG
白くて透き通るような綺麗な蕎麦だ
しゃきっと手打ちの旨さ

そして奥からお母さんがテーブルに運んでくれた物がある

写真 (1) 三四郎ひな祭りご飯.JPG
今日は雛祭りだからみんなでお祝いしようと思って
と言いながら
古代米が入ったもちもちの炊きたてご飯
ほんのり紅色
心のこもったご飯

写真 3 (2) 三四郎店内.JPG
お店の中をふと見ると
会津の縁起物かざぐるま
なんだかいい雛祭りだった
posted by kiririnko at 16:24| Comment(0) | 地方のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。